カメラマンの平凡日記(記録用)


by leuq8stzmc

小沢幹事長宅に実弾か=秘書が発見、届け出−警視庁(時事通信)

 26日午後5時半ごろ、東京都世田谷区にある民主党の小沢一郎幹事長の自宅で、秘書が拳銃の実弾のようなものが送り付けられているのを発見し、警戒中の警察官に届け出た。
 警視庁玉川署は脅迫の疑いがあるとみて、鑑定を急ぐ。
 同署によると、届いたのは1発で、直径は1センチ未満。縦約23センチ、横約12センチの封筒に入っており、白い厚紙とビニールで包まれていた。A4判の文書も同封されていた。
 封筒のあて名は「小沢一郎様」と書かれており、差出人名もあったという。
 消印から25日に投函(とうかん)されたとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

小沢事務所 別工事でも受注謝礼要求 年2000万円(毎日新聞)
法科大学院14校、中教審が「問題あり」(読売新聞)
【話の肖像画】辺境より(下)作家・佐々木譲 傷ある人間に共感する(産経新聞)
自殺防止の対策チームを新設へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
38歳女性死亡、同居の母親は睡眠薬大量服用(読売新聞)
[PR]
by leuq8stzmc | 2010-01-30 21:34